フォーリーフクローバー

 Natural gardning & Junk gardening Style shop

多肉植物販売・アガベ販売 ナチュラル&ジャンクガーデニング!
お買い上げ商品合計額 5,000円以上なら送料無料! 3,000円以上なら送料半額でお得です。

 

商品カテゴリ

Facebook
「Facebookでいいね!してね

トップページ»  多肉植物(Succulent)»  野ばらの精 Junkgarden Style オリジナル陶器鉢3号入り

野ばらの精 Junkgarden Style オリジナル陶器鉢3号入り

Junkgarden Style オリジナル陶器鉢3号入り
  エケベリア属  
   * 野ばらの精 *

     学名「Echeveria.cv

商品説明
鉢大きさ 3号陶器鉢 高さ8cm、直径9cm
(※植物の大きさではありません、ベース鉢の大きさです)
ボディーカラー(クラッシックホワイト)文字色(チョコレート)
※写真はイメージです、写真と同等品の多肉植物が届きます、御了承下さい。
写真は秋口の生育期の葉色です、乾燥期に入ると葉先が赤く色着きます。

  • 多肉植物の生育を考え、当農場ブレンドの多肉植物専用培養土を使ってます。
    多肉植物と愛称の良いテラコッタ鉢をホワイトペイントし手書きにてレタリングを施した陶器鉢に植え替え済みです。
     植え替えの手間が要りません、初心者の方にもお薦め!
    ※ オリジナル鉢は使い続けると、キズ、剥がれ等、シャビー感のある姿へ変わり、味のあるジャンク鉢になります。

  • 4Leaved Clover 多肉メモ

    エケベリア属  
       * 野ばらの精 *


    特徴!
     エケベリア属の小型品種。小さめの葉が密に重なり白い粉を纏うエケベリア種。
     先端に小さめの突起があり先に行くほど幅広く短めの葉表面には白い粉を纏い指で触ると指紋が着く程です、この白い粉は落とさないようにした方が生育もよいです。葉自体は短めで多く密集し、白肌の葉で中心部から薄く外側に向けライトブルー、先端だけが薄いピンク色で突起部分は赤黒いです。 隙間なく密に上下重なり合う様なロゼットの形状の葉姿。外に向けカーブし丸くなります。
     花の色は、黄色系で花茎を伸ばし沢山の花を着けます。小さいうちは花は切り取り株に体力を着けた方が育ちが良いです。
    年数を重ねると、子株などで群生し大型種とは違う楽しみ方があります。乾燥には強い方で、水切りすれば耐寒性もあります、その反面夏の高温多湿に弱いので、厳しい暑さのときは風通しの良い半日照の場所で夏越しした方が心配はないです。
     葉刺しでも増やすことはできますが、気温が安定している春と秋がお勧めです、必ずと言えるほどの方法では無いので、どちらかというと株元から出る子株を株分けする方が確立が高いです。時期は春が良いです。

    育て方!
     まず、エケベリア属は、春と秋が生育時期となります、特に乾燥期にあたる秋口から葉の色が現れる物が多いです、中には通年色の変わらぬ物もありますが、 多少なりと色合いが良くなっているはずです。生育期には風通しを良くし、日光に当て適量の水を与えて置くことでよく育ちます。高温多湿の日本ですので、風 通しの良い場所で、出来るだけ日光に当てられる雨の当たらぬ場所が良いでしょう。
     ただ、春以降の梅雨などの長雨、真夏の高温多湿が苦手です、長い時間雨の当たるところなどは必ず避けましょう、夏の高温時は生育を休む為出来るだ け水分量を少なめにし生育させる事(水遣りはしない訳でなく量の問題)あまりやらな過ぎても下葉から落ちてしまうので注意。 涼しくなる秋口から生育 をまた始めます、その頃からは液肥など(月に一度水遣りの際にでも)与えてると美しい葉色に育つ。秋口から生育が良いですが冬の極寒時は大きな動きはあり ません、寒さも和らぎだした早春の時期に大きく育ちます。 

     この種のロゼット状に育つ多肉植物(特に色濃い葉)は”綿虫”など樹液を吸う小さ な虫が着きやすいです、培養土に混ぜる薬などで対処したほうがいい、害虫が多く発生した時は、薬剤撒布して速やかに駆除しないと生育が著しく落ちる時もあ ります、対処を怠ると最悪枯れる可能性も。

     日当たりを好むの性質、日当たりが悪いと葉の色がくすんだ薄い緑色になってしまいます、樹形も崩れます。過湿に成ると根グサレから葉が落ちていきます。 水は鉢土の表面が完全に乾いてからたっぷり与えて下さい。多少なら耐寒性はありますが、水切りという極力水分を上げない方法で冬を越せるものもあります が、状態を良いままで保つために、冬は室内に取り込み温度を保つ ようにした方が無難です。植え替えの培養土も水はけのよい土を使いましょう。

    多肉植物の中では、多少肥料を欲するタイプです。 大きく育つ物もあるので3号鉢位なら1年後に一回り大きな鉢に植え替えする事で育ちもよくなりま す。 小さい鉢(2.5寸)のままではすぐ根詰まりを起こします、出来るだけ鉢替えなどし、元肥を入れた(少な目鉢による)多肉植物用培養土で育て、併用 して薄めて使う液肥などで追肥などしましょう(1000倍液位) 注意、肥料は多すぎてもよくありません。

    事例!
     屋内置きの方で多いのが、日光不足だとヒョロヒョロと縦に伸びてしまうことがあります。
     夏あたりに状態が悪くなる時があります。あと、過度の湿度や鉢の根詰まりや害虫の為下葉からボロボロに葉落ちすることがあります。生長点付近(中心部) が腐っていないようなら腐った所をすべて取り除き、新しい(清潔な土)で植え替えてあげると復活することもあります、大半が様態が悪くなった上、高温多湿 による物で、新しい土に植え、害虫などが着いてないかよく見て、涼しい場所へ避難させ、復活させましょう。

    エケベリア属はロゼット状に葉が密に重なるので、水遣りの際中心部や葉元に水がたまりやすい傾向があります、そのままにしていると葉にシミが出来たり、レンズ現象で傷んだりします、水は株元に遣るか、溜まった水は吹き飛ばしましょう。
    沢山の多肉植物がある時は電動工具の”ブロワー”を使うと早く水を飛ばす事が出来ます(あくまで個人談)


    原産地   交配種
    サイズ   15㌢位
    耐暑性   高温多湿は嫌う   
    耐寒性    普通(霜はNG) 



  • 野ばらの精 Junkgarden Style オリジナル陶器鉢3号入り

  • 販売価格

    777円(税込)

  • 会員価格

    753円(税込)

  • 販売開始日

    2014/01/21

  • 在庫

    在庫切れ(入荷待ち)

在庫切れボタン

関連商品